東京大学医学部・大学院医学系研究科

高齢者在宅長期ケア看護学/緩和ケア看護学

Gerontological Home Care and Long-term Care Nursing/ Palliative Care Nursing
The University of Tokyo, School of Health Sciences and Nursing

Gerontological Home Care and Long-term Care Nursing/ Palliative Care Nursing

The University of Tokyo, School of Health Sciences and Nursing

Home / 研究業績 / 2023年度

2023年度

英文論文

  • Eltaybani, S., & Trapani, J. Revitalizing peer review: Recommendations for efficiency and excellence in critical care nursing research. Nursing in Critical Care. 2024; Online ahead of print. doi: 10.1111/nicc.13063
  • Rukchart, N., Hnuploy, K., Eltaybani, S., Sonlom, K., Chutipattana, N., Le, C. N., Patthanasak Khammaneechan, Jongjit, W., & Supaviboolas, S. Prevalence and determinants of COVID-19 vaccine acceptance among vulnerable populations in Thailand: An application of the health belief model. Heliyon. 2024; 10(4): e26043. doi: 10.1016/j.heliyon.2024.e26043
  • Yasaka T, Ohbe H, Igarashi A, Yamamoto-Mitani N, Yasunaga H. Impact of the health policy for interdisciplinary collaborative rehabilitation practices in intensive care units: A difference-in-differences analysis in Japan. Intensive Crit Care Nurs. 2024;83: 103625. doi: 10.1016/j.iccn.2024.103625
  • Takaoka M, Igarashi A, Ninomiya A, Ishibashi T, Yamamoto-Mitani N. Continuous laxative use and its relationship to defecation among residents of nursing homes: A longitudinal observational study using the interRAI. Geriatr Gerontol Int. 2023;24(1):133-139. doi: 10.1111/ggi.14777
  • Eltaybani S. Celebrating our success over the holiday period: 40 papers to read over the holiday [Editorial]. Nursing in Critical Care. 2023; 28(6): 835-837. doi: 10.1111/nicc.12987
  • Takeshi Unoki, Kei Hayashida,…, Taisuke Yasaka (23rd),…, Osamu Nishida. Japanese Clinical Practice Guidelines for Rehabilitation in Critically Ill Patients 2023 (J-ReCIP 2023). J Intensive Care. 2023; 11(1): 47. doi: 10.1186/s40560-023-00697-w
  • Igarashi A, Matsumoto H, Suzuki H, Takaoka M, Kugai H, Sakka M, Yamamoto-Mitani N. Helping behaviors of community members towards older adults and the related factors: a cross-sectional study. Psychogeriatrics. 2023;24(1):117-126. doi: 10.1111/psyg.13050
  • Yoshioka-Maeda K, Matsumoto H, Inagaki-Asano A, Honda C. Community-Based Hip Screening for Up to Four-Month-Old Infants and Health Guidance for Their Caregivers in Japan: A Nation-Wide Survey.  Nurs Rep. 2023; 13(4): 1442-1451. doi: 10.3390/nursrep13040121
  • Cho, E., Lee, K. H., Kang, B., Jang, J., Shin, J., Eltaybani, S., Yamamoto-Mitani, N., & Kim, M. J. . Perceived Work Environment, Educational Status, Staffing Levels, and Work Outcomes in Long-Term Care Settings During COVID-19. JAMDA. 2023; 24(10): 1600-1605. doi: https://doi.org/10.1016/j.jamda.2023.08.009
  • Eltaybani S. Capabilities and limitations of large language models in critical care nursing research: Examples from the big three. Nursing in Critical Care. 2023 Nov;28(6):838-853. doi: 10.1111/nicc.12974
  • Eltaybani, S., Igarashi, A., Cal, A., Lai, C. K. Y., Carrasco, C., Sari, D. W., Cho, E., Haugan, G., Bravo, J. D., Abouzeid, N. A., Wachholz, P. A., Isaramalai, S. A., Dawood, S. S., Pappas, Y., Abd El Moneam, A. A. E. G., Rodriguez, A. B., Alqahtani, B. A., Pereira, C. L. N., Jenssen, C. R. S., Yu, D. S. F., … Yamamoto-Mitani, N.. Long-term care facilities’ response to the COVID-19 pandemic: An international, cross-sectional survey.  Journal of advanced nursing. 2023 Jul 14. doi: 10.1111/jan.15785
  • Kugai H, Igarashi A, Anezaki S, Fukui C, Saito N, Hamasaki Y, Yamamoto-Mitani N. Components of peritonitis preventive self?care education programs associated with self-care knowledge and behavior among patients undergoing peritoneal dialysis in Japan: a cross-sectional study. Ren Replace Ther. 2023; 9(1): 34. doi: 10.1186/s41100-023-00489-w
  • Shibuta T, Waki K, Miyake K, Igarashi A, Yamamoto-Mitani N, Sankoda A, Takeuchi Y, Sumitani M, Yamauchi T, Nangaku M, Ohe K. Preliminary Efficacy, Feasibility, and Perceived Usefulness of a Smartphone-Based Self-Management System With Personalized Goal Setting and Feedback to Increase Step Count Among Workers With High Blood Pressure: Before-and-After Study. JMIR Cardio. 2023; 7: e43940. doi: 10.2196/43940
  • Bo-Kyung Son, Takahiro Miura, Ken-ichiro Yabu, Yuka Sumikawa, Dongyool Kim, Weida Lyu, Yingxue Yang, Moeko Tanaka, Tomoki Tanaka, Yasuyo Yoshizawa, Katsuya Iijima. The Co-Design/Co-Development and Evaluation of an Online Frailty Check Application for Older Adults: Participatory Action Research with Older Adults. Int. J. Environ. Res. Public Health. 2023; 20(12): 6101. doi:10.20944/preprints202305.
  • Kyoko Yoshioka-Maeda, Hiroshige Matsumoto, Chikako Honda, Misa Shiomi, Kazuya Taira, Noriko Hosoya, Miki Sato, Yuka Sumikawa, Hitoshi Fujii, Takahiro Miura. New Web-Based System for Recording Public Health Nursing Practices and Determining Best Practices: Protocol of an Exploratory Sequential Design . JMIR Research Protocols. 2023; 12(): e45342-e45342. doi: 10.2196/45342
  • Eltaybani, S., Kawase, K., Kato, R., Inagaki, A., Li, C. C., Shinohara, M., Igarashi, A., Sakka, M., Sumikawa, Y., Fukui, C., & Yamamoto-Mitani, N.. Effectiveness of home visit nursing on improving mortality, hospitalization, institutionalization, satisfaction, and quality of life among older people: Umbrella review. Geriatric Nursing. 2023; 51(1): 330-345. doi: https://doi.org/10.1016/j.gerinurse.2023.03.018
  • Eltaybani S.,  Kitamura S.,  Fukui C.,  Igarashi A.,  Sakka M.,  Noguchi-Watanabe M.,  Takaoka M.,  Inagaki A.,  Yasaka T.,  Kobayashi H.,  Yamamoto-Mitani N.. Toward developing care outcome quality indicators for home care for older people: A prospective cohort study in Japan. Geriatr. Gerontol. Int. 2023; 23(5): 383-394. doi: 10.1111/ggi.14578
  • Kyoko Yoshioka-Maeda, Hiroshige Matsumoto, Chikako Honda, Misa Shiomi, Kazuya Taira, Noriko Hosoya, Miki Sato, Yuka Sumikawa, Hitoshi Fujii, Takahiro Miura. New Web-Based System for Recording Public Health Nursing Practices and Determining Best Practices: Protocol of an Exploratory Sequential Design. JMIR Research Protocols. 2023; 12: e45342. doi: 10.2196/45342
  • Bo-Kyung Son, Takahiro Miura, Ken-ichiro Yabu, Yuka Sumikawa, Dongyool Kim, Weida Lyu, Yingxue Yang, Moeko Tanaka, Tomoki Tanaka, Yasuyo Yoshizawa, Katsuya Iijima. The Co-Design/Co-Development and Evaluation of an Online Frailty Check Application for Older Adults: Participatory Action Research with Older Adults. Int. J. Environ. Res. Public Health. 2023; 20(12): 6101. doi: 10.3390/ijerph20126101

和文論文

  • 北村智美,五十嵐歩,野口麻衣子,吉江悟,山本則子. 慢性呼吸器疾患患者に対する看護師・理学療法士・作業療法士による在宅呼吸リハビリテーションの実践に関する質的研究. 日本在宅ケア会誌. 2024; 27(2): 75-84. doi: 10.60272/jjahc.27.2_75
  • 卯野木 健, 林田 敬,…, 矢坂 泰介(23rd),…, 西田 修. 日本集中治療医学会集中治療早期リハビリテーション委員会. 重症患者リハビリテーション診療ガイドライン2023. 日集中医誌. 2023; 30(Suppl. 2): S905-S972. doi: 10.3918/jsicm.30_S905
  • 沼田華子. 在宅看取り支援が可能な訪問看護師育成:OJTにおけるICTの活用可能性. Bio Clin. 2023; 38(12): 48-50.
  • 田嶋ひろみ*,柄澤清美*,雨宮有子,吉田滋子,山田妙子*. These two authors contributed equally to this work. 重症心不全患者と家族の穏やかな自宅療養継続を支える訪問看護師の実践-「ケアの意味を見つめる事例研究」による分析-. 家族看護学研究. 2023; 29: 37-50. https://jarfn.or.jp/newsletter/doc/kikanshi/29/29-4.pdf
  • 鈴木はるの, 五十嵐歩. 認知症にやさしい地域づくりを目指したVRの教育的活用. 医学のあゆみ. 2023; 285(13): 1125-1129.
  • 角川由香, 大谷温子, 本田千可子, 山本則子. 災害時個別支援計画作成に関わる保健師が人工呼吸器使用者の療養生活を支えるために行っている実践内容 . 日本健康学会誌. 2024; 90(1): 17-25.

著書

報告書

学会発表(海外)

  • Taisuke Yasaka, Ayumi Igarashi, Chie Fukui, Asa Inagaki, Yuka Sumikawa, Manami Takaoka, Sameh Eltaybani, Noriko Yamamoto-Mitani. Predictors of Physical Function Decline among Older Adults Receiving Home Care Nursing: Prospective Cohort Study. GSA 2023 Annual Scientific Meeting. November 8-12, 2023. Tampa, FL, USA.
  • Yuka Sumikawa, Sameh Eltaybani, Chie Fukui, Ayumi Igarashi, Noriko Yamamoto-Mitani. What is the Difference Between Older Persons Who Continue Home Care and Those Who Do Not?. GSA 2023 Annual Scientific Meeting. Nov 8-12, 2023. Tampa, USA.
  • Kyoko Yoshioka-Maeda, Chikako Honda, Yuka Sumikawa, Yuko Okamoto, Megumi Shimada, Takahiro Miura, Mai Otsuki, Hitoshi Fujii, Riho Iwasaki-Motegi. Does virtual reality simulation training for nursing students improve clinical reasoning skills for home visits?. Yonsei International Nursing Conference 2023. 5-7, 10, 2023. Seoul, South Korea.
  • Takahiro Miura, Emiko Uchiyama, Shujirou Imaeda, Wataru Takano, Yuka Sumikawa, Toshiaki Tanaka, Toshio Otsuki. Augmented reality (AR) application superimposing the falling risks of older adults in residential settings and coping strategies: Building an image-based scene detection model. HCI International. 7, 2023.
  • Kawase K, Igarashi A, Yasaka T, Eltaybani S, Sumikawa Y, Takaoka M, Yamamoto-Mitani N..  Inter-rater reliability of quality indicators to assess long-term care for older people between homecare nurses and care managers. IAGG Asia/Oceania Regional Congress. 14, 6, 2023. Yokohama, Japan.
  • Eltaybani S, Anezaki S, Fukui C, Igarashi A, Sakka M, Noguchi-Watanabe M, Inagaki A, Yamamoto-Mitani N. . Association between home care nursing use and the occurrence of unfavorable health outcomes among older people: A prospective cohort study. IAGG Asia/ Oceania Regional Congress. 14, 6, 2023. Yokohama, Japan.
  • Kato L, Eltaybani S, Shinohara M, Igarashi A, Sumikawa Y, Inagaki A, Takeuchi Y, Yamamoto-Mitani N.. Prognostic effect of body mass index on the incidence of unfavorable physical health outcomes among older adults receiving homecare nursing: A prospective cohort study. IAGG Asia/ Oceania Regional Congress. 14, 6, 2023. Yokohama, Japan.
  • Inagaki-Asano A., Fukui C., Igarashi A., Sakka M., Noguchi-Watanabe M., Eltaybani S., Takeuchi Y., and Yamamoto-Mitani N.. Effectiveness of homecare nursing use to reduce the incidence of potentially avoidable hospitalization among community-dwelling older adults aged 75 years and older in Japan:  A 12-month prospective cohort study. IAGG Asia/ Oseania Regional Congress . 12-14, 6, 2023. Yokohama, Japan.

学会発表(国内)

  • 高岡 茉奈美, 五十嵐 歩, 矢坂 泰介, 鈴木 はるの, 角川 由香, 吉岡 京子, 本田 千可子, 松本 博成, 久貝 波留菜, 稲垣 安沙, 呉 金艶, 二見 朝子, 山本 則子. 市民に必要なケアコンピテンシー(ケアする力)の明確化: コンピテンシー向上プログラムの開発に向けて. 第43回日本看護科学学会学術集会. 2023年12月45513日, 下関.
  • 亘利美由紀, 村上千佳, 福井香世, 中野裕美子, 宮本佐織, 日下咲, 松本奈美, 望月由紀, 山花令子, 吉田滋子. 喉頭全摘術後の呼吸器離脱トライアル中に希死念慮とせん妄を呈した患者との関り―患者の力を信じ続けて看護をつなげる―. 第38回日本がん看護学会学術集会. 2024年2月24-25日, 神戸.
  • 沼田華子, 濱谷雅子, 平原優美, 山本則子 在宅看取りケアが可能な訪問看護師を育成する職場内教育:指導者と新人の両者の経験を捉えた質的研究 日本看護科学学会学術集会 2023 12月8-9日, 下関.
  • 角川由香, 福井千絵, 野口麻衣子, 姉崎沙緒里, 高岡茉奈美, 五十嵐歩, 目麻里子, 山本則子. 訪問看護事業所のケアの質保証を目指したPDCAオンラインプログラム(VENUS QIC)の効果. 第43回日本看護科学学会学術集会. 2023年12月8-9日, 下関.
  • 本田千可子, 角川由香, 吉岡京子, 山本則子. 新型コロナウイルス感染症による自宅療養者支援の実際(第二報):地方自治体に対するweb調査結果. 第43回日本看護科学学会学術集会. 2023年12月8-9日, 下関.
  • 姉崎沙緒里, 角川由香, 山本則子. 新型コロナウイルス感染症による自宅療養者支援の実際(第一報):訪問看護事業所に対するweb調査結果. 第43回日本看護科学学会学術集会. 2023年12月8-9日, 下関.
  • 角川由香, 山名隼人, 本田千可子, 松本博成, 茂木りほ, 吉岡京子. 1歳6ヶ月児歯科健康診査における児の「歯の汚れ」に関する実態. 日本公衆衛生学会. 2023年10月31日-11月2日, 茨城.
  • 山名隼人, 角川由香, 本田千可子, 松本博成, 茂木りほ, 吉岡京子. 里帰り出産が乳児健康診査時点の母子健康状態と育児支援状況に与える影響. 日本公衆衛生学会. 2023年10月31日-11月2日, 茨城.
  • 細谷 紀子, 吉岡 京子, 藤井 仁, 角川 由香, 塩見 美抄, 佐藤 美樹, 松本 博成 , 本田 千可子 , 平 和也, 茂木 りほ, 三浦 貴大. 自治体保健師による個から地域・事業化への活動展開における妥当性と実施状況との比較. 日本公衆衛生学会. 2023年10月31日-11月2日, 茨城.
  • 細谷 紀子, 吉岡 京子, 藤井 仁, 塩見 美抄, 佐藤 美樹, 角川 由香, 松本 博成, 本田 千可子, 茂木 りほ, 平 和也, 三浦 貴大. 自治体保健師による個別支援から地区活動・事業化への活動展開プロセスの実施状況 . 日本地域看護学会第26回学術集会. 2023年9月2-3日, 神奈川.
  • 呉金艶, 五十嵐歩, 松本博成, 高岡茉奈美, 鈴木はるの, 伊藤研一郎, 山本則子.  行政職員の認知症VR教育プログラム受講が認知症のある人への態度に与える効果:前後比較試験. 第22回日本VR医学会学術大会. 2023年8月26日, 大阪.
  • 高岡茉奈美, 五十嵐歩, 松本博成, 鈴木はるの, 山本則子. 視聴覚教材とゲームを用いた認知症教育プログラムが小学生の態度に及ぼす効果 学童クラブでの予備的調査. 日本老年看護学会第28回学術集会. 2023年6月17-18日, 神奈川.
  • 真志田祐理子, 深堀浩樹, 鈴木はるの, 髙岡茉奈美, 松本博成, 目麻里子, 山本則子, 五十嵐歩. Virtual Reality教材とカードゲームを用いた認知症教育が看護学生の態度に及ぼす効果. 第33回日本老年学会総会. 2023年6月17-18日, 神奈川.

交流集会・ワークショップなどの企画・運営(海外)

交流集会・ワークショップなどの企画・運営(国内)

  • 五十嵐歩、角川由香、 高岡茉奈美. 麻生区健康チェックイベント~健康をチェックしてみませんか~. 2024年3月23日, 川崎.
  • 五十嵐歩、松本博成、他. 高齢者にやさしいまちづくりに向けた取り組みの年度報告会. 2024年2月23日, 東京都西多摩郡日の出町.
  • 雨宮有子、柄澤清美、吉田滋子. ケアの意味を見つめる事例研究セミナー. 2024年2月10日, 大阪医科薬科大学病院. 
  • 五十嵐歩、高岡茉奈美. わたしたちの未来を描くウエルビーングワークショップ. 2024年2月3日, 川崎.
  • 望月由紀、家髙洋、柄澤清美、山本則子、吉田滋子、雨宮有子、角川由香. 使える?!ケアの意味を見つめる事例研究?物語性を通した触発と普遍? . 日本看護科学学会第43回学術集会 交流集会. 2023年12月8-9日, 下関.
  • 角田直枝、並木奈緒美、大橋奈美、飯田苗恵、角川由香、竹森志穂、山本則子. BCP―作った?使った?よかった?!. 第13回日本在宅看護学会学術集会. 2023年11月18-19日, 千葉.
  • 山本則子、角川由香. 令和5年度第1回ケアの意味を見つめる時例研究セミナー. 2023年10月28-29日, 東京.
  • 山本則子、柄澤清美、吉田滋子、雨宮有子、角川由香、望月由紀、家高洋. どんな家族看護の「知」を求めていますか?. 日本家族看護学会第30回学術集会. 2023年9月9日, 大阪.
  • 五十嵐歩、松本博成、髙岡茉奈美、鈴木はるの、呉金艶、深堀浩樹、目麻里子、久貝波留菜、真志田祐理子、山本則子. Dementia Friendly Communityの実現を目指した認知症啓発ツール開発と社会実装. 日本老年看護学会第28回学術集会. 2023年6月17-18日, 神奈川.
  • 企画者:山本則子、桑田美代子、池崎澄江、五十嵐歩、深堀浩樹、角川由香、沼田華子. 交流集会 Long-term Careの質保証の枠組みについて考える. 日本老年看護学会第28回学術集会. 2023年6月17日, 神奈川.

非常勤講師

  • 五十嵐歩. 老年発達援助実践. 慶應義塾大学看護医療学部. 2023年9月29日.
  • 矢坂泰介. コミュニケーションの理論と実際(ICUにおけるグループ・コミュニケーション). 慶應義塾大学看護医療学部. 2023年5月2日(オンデマンド配信).
  • 山本則子. エビデンスを活用した看護実践を行うために 必要な研究方法の理解:事例研究. 東京医療保健大学. 2023年6月10日.

研究費

  • 伏見寿子(研究代表者).山本則子(研究分担者). 超高齢心不全患者への訪問看護技術の解明:「なんとか入院せずに済む状況」を作る看護実践に関する質的研究. 2024年3月 – 2025年3月. 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団.
  • 矢坂泰介(研究代表者). 訪問看護利用高齢者における身体機能低下の予測因子の検討:前向きコホート研究. 令和5年度. 日本看護科学学会. 若手研究者が国外で開催される学術集会へ出席するための助成申請.
  • 沼田 華子(研究代表者). 在宅看取り支援が可能な訪問看護師育成のためのICT活用型OJTプログラムの開発. 2023年8月 – 2025年3月. 日本学術振興会  科学研究費助成事業 . 研究活動スタート支援.
  • 矢坂泰介(研究代表者). 一般病棟における集中治療後重症患者の日常生活動作障害に対する支援の実態と効果. 2023年8月 – 2025年3月. 日本学術振興会  科学研究費助成事業 . 研究活動スタート支援.
  • 角川由香(研究代表者). 自然言語処理の援用による在宅看護向け再入院ハイリスク患者特定システムの開発. 令和5-8年度. 令和5(2023)年度 科学研究費助成事業. 若手研究.
  • 山本則子(研究代表者). 深堀浩樹, 内山瑛美子, 目麻里子, 澤田宇多子, 高岡茉奈美, 佐々木敏, 角川由香, 島津明人, 山根由起子, 横田慎一郎, 五十嵐歩, 矢坂泰介, 沼田華子, 野口麻衣子, 稲垣安沙(研究分担者). ケア従事者・利用者双方のウェルビーングを高める持続可能な「質保証システム」の構築. 2023年4月 – 2028年3月. 科学研究費助成事業. 基盤研究(A).

国際交流(海外からの研究者招聘)

シンポジウム・セミナー等での発表・講演

  • Shinohara M, Wu J, Yamada R, Enami S, Fushimi T. Medical and long-term care systems and nursing in Japan. UTokyo Spring International Program. 2024年3月11-13日, Japan.
  • 山本則子. 人生の最終段階のケア. 日本在宅介護協会近畿支部 看取りセミナー. 日本在宅介護協会. 2024年3月4日. オンライン.
  • 山本則子. 知につながる事例研究とは. 2023年度第1回兵庫医科大学看護学研究科FD講演会. 兵庫医科大学. 2024年2月28日. オンライン.
  • 山本則子. 事例研究を通してケアの意味を考える. 教育講演. 第11回脳卒中ケア研究会. 2024年2月17日. オンライン.
  • 山本則子. 特定行為研修修了者の組織における活動の推進に向けた方策(仮). 2023年度厚生労働省委託事業 『特定行為研修の組織定着化支援事業推進に係るワークショップ等開催事業』 シンポジウム. 日本看護協会. 2024年2月7日. オンライン.
  • Noriko Yamamoto-Mitani. Assisting older adults in the community-based integrated care system. NTU-UTokyo Joint Conference. , Taiwan. 7-8, 12, 2023.
  • 山本則子. ナース・プラクティショナー(仮称)制度の将来を考える. 診療看護師(NP)コース開始10周年記念セミナー. 愛知医科大学. 2023年11月23日. オンライン.
  • Noriko Yamamoto-Mitani, Jed Montayre, Mikiko Kanda. Panel Discussion: Discussion on Healthy Ageing Issues. Healthy Ageing Conference 2023. 26, 10, 2023. Hong Kong.
  • 山本則子<座長>、村上 靖彦. こどもたちがつくるまち・西成 子ども子育て支援と子どもの声を聞くコミュニティづくり. 日本家族看護学会第30回学術集会. 2023年9月9日. 大阪.
  • 山本則子. 実践知の想像と応用と質的研究~事例研究に焦点をあてて~. 中部M-GTA第7回講演会. 2023年8月26日. 長野.
  • 山本則子. 事例研究の進め方:ケアの意味をみつめる事例研究を題材として. 大阪医科薬科大学看護学実践研究センター継続セミナー. 2023年7月21日. 大阪.
  • Noriko Yamamoto-Mitani. Case study to focus on the meaning of care. Keynote Presentation. The 16th International Family Nursing Association. 22, 6, 2023., Ireland. Dublin.
  • Noriko Yamamoto-Mitani. Introducing UTokyo Nursing and Case Study to Focus on Meaning of care. Seminar. Brunel University. 22, 6, 2023. UK, London.
  • 山本則子. 長期ケアの質保証を考える. . 第28回日本老年看護学会. 2023年6月17日. 横浜.
  • 山本則子. ケアの実践知を共有可能にする「ケアの意味をみつめる事例研究」. シンポジウムⅠ もう一度ケーススタディ. 第28回日本老年看護学会. 2023年6月17日. 横浜.

その他

  • 高岡 茉奈美, 五十嵐 歩, 山本 則子. 医療療養病棟における看護職による便秘ケアの課題と工夫 横断質問紙調査. 老年看護学. 2022; 26(2): 63-70. 2022年1月, 日老年看護学会. 2023年6月, 日本老年看護学会研究論文奨励賞
  • 真志田祐理子, 深堀浩樹, 鈴木はるの, 髙岡茉奈美, 松本博成, 目麻里子, 山本則子, 五十嵐歩. Virtual Reality教材とカードゲームを用いた認知症教育が看護学生の態度に及ぼす効果. 第33回日本老年学会総会優秀演題賞